logo画像

制作者・運用者の選択

制作・運用とも業者に依頼するという選択

 代行業者に依頼してウェブサイトを制作すれば、その費用もウェブサイトの規模相応にかかるでしょう。その場合、更新作業もその業者に頼らざるを得ない場合が多く、運用費用もまたそれなりにかかることになります。

 しかし、ウェブサイトの品質(内容・デザイン・技術レベルなど)がその事業所などの評価や信頼度に大きく関係していることを考えれば、制作・運用を業者に依頼してもその費用以上の効果が期待できるということなのかも知れません。

 大規模事業所などの場合、業者に依頼して制作しているケースが多いのは頷けますが、どんな場合でも制作・運用を業者に依頼するのがいいとは言えません。業者は事務所費・人件費などの経費を制作・運用の代行料に反映させるため、一般的に費用がかさみ、依頼者側の状況によってはコスト的に釣り合わない場合も多いからです。

 とにかく、良心的で技術力のある業者の選定が鍵となりますが、その見極めがまた難しいところです。色々な業者のサイトを見てサービスと料金を比較してみたり、技術面の評価では業者のサイトや業者が制作したサイトの文法チェックをしてみるのもいいかも知れません。

最初のウェブサイトの制作は業者に依頼するが、運用は自分のところでするという選択

  最初のウェブサイトの立ち上げは業者に依頼するものの、 CMS を使うなどして更新作業などの運用を自分のところですれば、費用も比較的少なくて済むというわけです。

この選択は CMS と組み合わせれば、サイトの品質も維持でき、小〜中規模サイトに最も適した選択といえるでしょう。

 ただし、CMS を使わない場合は要注意です。業者に依頼して高品質なサイトを立ち上げても、更新作業をする側のスキルが無く、ホームページ・ビルダーなどで WYSIWYG 編集して更新してしまうと、一瞬にして悲惨な状態になってしまうというような危険もあります。

ウェブサイトの制作も運用も全部自分のところでするという選択

 「ホームページは無いよりも有る方がいいだろうが、業者に依頼するのもどうか・・・」というような場合は、「制作・運用をすべて自分のところでする」ということになるでしょう。

業者に依頼しないで作られたと思われるサイトはたくさんありますし、業者に依頼するまでもない場合も多いでしょう。自分のところで作って自分のところで運用すればいつでも自由に更新できますし、小回りがきいて何かと便利です。

 これは、おもに小規模サイトに採用されている選択で、費用も少なくて済み、スキルに応じて自由にサイトを制作・運用できます。

タイトルとURLをコピーしました